« 『やさしい重曹生活』 | トップページ | 『鎌倉の古建築』 »

2005/11/26

『近世日本建築の意匠 庭園・建築・都市計画、茶道にみる西欧文化』

雄山閣 7,000円(税別) ISBN4-639-01901-7 05.11刊

+内容+
寛永期日本庭園にみられる同時代西欧庭園の影響
桂離宮にみられる同時代西欧文化の影響
遠州作品にみられる同時代西欧庭園の影響
桂離宮の遠州作否定説への疑問
龍安寺石庭の由緒について
書院造りにみられる遠近法的効果
南蛮寺の復元
茶道とキリスト教の関与
茶道の作法への西欧文化の影響
豊臣秀吉の都市計画におけるヴィスタの手法
慈照寺及び厳島神社への西欧意匠の影響
高山右近の教会建築
加賀文化への小堀遠州の関与
「きれい」という美意識について
長崎サント・ドミンゴ教会の復元

桃山時代から、江戸時代初期にかけて、キリスト教宣教師の布教活動や南蛮貿易によって、日本に伝えられた西欧文化が日本の庭園、建築、茶道などに、どのような影響を与えたのか、具体的に例をとりあげつつ、「近世疑洋風建築」といった新しい視点から論考する意欲作。
宮元健次(みやもと・けんじ)
宮元庭園建築研究所代表取締役。愛知産業大学建築デザイン学科講師。専攻、日本建築史。

+関連・リンク+
雄山閣

いわゆる専門書ですね。
禅寺の庭園は結構好きで、見に行ったりするのですが
そこに西欧文化の影響があるというのは意外な印象。
難解そうな感じですが、意外に気づかなかった点が見えてくるかも。
読みたい度65%

|

« 『やさしい重曹生活』 | トップページ | 『鎌倉の古建築』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/7321214

この記事へのトラックバック一覧です: 『近世日本建築の意匠 庭園・建築・都市計画、茶道にみる西欧文化』:

« 『やさしい重曹生活』 | トップページ | 『鎌倉の古建築』 »