« 『辛いもの好きにはわけがある 美食の進化論』 | トップページ | 『江戸美人の化粧術』 »

2005/12/29

『情熱の美女ヴィヴィアン・リー』

近代映画社 2,000円(税別) ISBN4-7648-2059-5 05.12刊

+内容+
ポートレート集
Life Story
Filmography
   「風と共に去りぬ」
   「哀愁」
   「美女ありき」
   「シーザーとクレオパトラ」
   「アンナ・カレニナ」〈他〉

「風と共に去りぬ」のヒロイン、スカーレット・オハラそのもののように、愛する人のために情熱的に生きた名女優ヴィヴィアン・リー。その波瀾に満ちた生涯を美しいポートレートと貴重なプライベート写真でクローズアップすると共に、近くリバイバル公開される「風と共に去りぬ」をグラフ大特集。さらに「哀愁」はじめ代表作の紹介も充実しています。

+関連・リンク+
近代映画社

やはり、ヴィヴィアン・リーといえば『風と共に去りぬ』でしょう。
あの美しさは他に比べようが無いように思います。
あまりに素晴らしいので、彼女の他の出演映画って?
という感じになってしまっているのが残念。
『シーザーとクレオパトラ』は観たような記憶がありますが…
でも、クレオパトラといえばやはりエリザベス・テイラーになってしまうかな。
読みたい度55%

|

« 『辛いもの好きにはわけがある 美食の進化論』 | トップページ | 『江戸美人の化粧術』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/7884350

この記事へのトラックバック一覧です: 『情熱の美女ヴィヴィアン・リー』:

« 『辛いもの好きにはわけがある 美食の進化論』 | トップページ | 『江戸美人の化粧術』 »