« 『ゲーテさんこんばんは』 | トップページ | 『辛いもの好きにはわけがある 美食の進化論』 »

2005/12/27

『死にカタログ』

死にカタログ
寄藤 文平著
大和書房 1,500円(税別) ISBN4-479-39127-4 05.12刊

+内容+
死の入口
死のカタチ
死のタイミング
死の場所
死の理由
死のものがたり
死のしまい方

死んだらコオロギになる。そう信じる人々がいる。あばくのでもなく、かくすのでもなく。寄藤文平が描いた、等身大の死のカタチ。「死ぬってなに?」素朴な疑問を、絵で考えた、新しい「死の本」。
寄藤文平(よりふじ・ぶんぺい)
イラストレーター、アートディレクター。JT広告「大人たばこ養成講座」をはじめ、広告、装丁などで活躍。

+関連・リンク+
大和書房
Bunpei Ginza Ltd.

10月の終わりにTVで放送されたドキュメンタリー番組『情熱大陸』で
氏が取り上げられた時に、丁度企画が進められていた本になります。
ユーモラスでちょっとキュッチュなイラストが特徴的。
少し気の抜けたようにも見えるけれど
その裏側で、何をどう見せるのかということをとことん突き詰める、
そういう姿勢が強く印象に残る人物でした。
読みたい度65%

|

« 『ゲーテさんこんばんは』 | トップページ | 『辛いもの好きにはわけがある 美食の進化論』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/7860606

この記事へのトラックバック一覧です: 『死にカタログ』:

« 『ゲーテさんこんばんは』 | トップページ | 『辛いもの好きにはわけがある 美食の進化論』 »