« 『やかんの本』 | トップページ | 『土鍋ひとつ!でおいしくできた! 楽ウマ90品』 »

2005/12/24

『ロリータ』

ロリータ
ウラジーミル・ナボコフ著 / 若島 正訳
新潮社 2,800円(税別) ISBN4-10-505605-0 05.11刊

+内容+
原題『LOLITA』Vladimir Nabokov
ヨーロッパの教養豊かに育ったハンバート・ハンバートは、幼い頃の最初の恋で心に傷を負っていた。理想のニンフェットを求めながらも、パリで結婚するが失敗。離婚を機にフランス語教師としてアメリカに渡った彼の下宿先には、一人の少女がいた。ロリータ。運命のいたずらから、ロリータと二人きりとなったハンバートは、彼女とともに車で全米を転々とすることになる―彼らを追跡する、謎の男が登場するまでは。少女愛というタブーに踏み込んだがためにスキャンダラスな問題作として広く知られる一方、本書が幾多の「謎」を重層的に含み込む、精緻極まるパズルのような名品であることは意外と知られていない。その緻密な「謎」ゆえに、今もなお世界中の読み巧者たちを引きつけてやまない文学の逸品、「言葉の魔術師」ナボコフの最高傑作が、発表50年を経て待望の新訳。
ウラジーミル・ナボコフ
1899‐1977。1899年4月23日、帝政ロシア時代のサンクト・ペテルブルグで貴族の家に生まれた。1919年、ロシア革命により家族でドイツに亡命。ケンブリッジ大学卒業後、ベルリン、パリと移り住み、主にロシア語で執筆活動を続ける。1940年、アメリカに移住。スタンフォード、コーネル、ハーバード大学などでロシア文学を教える傍ら、英語でも創作活動を始める。1955年に発表された『ロリータ』が大センセーションを巻き起こし、教職を辞す。スイスのモントルーに移住し、死ぬまでそこで暮らした。

+関連・リンク+
新潮社
日本ナボコフ協会事務局
ナボコフノート

マルキ・ド・サド、ザッヘル・マゾッホと読めば、
ナボコフの『ロリータ』も読んでおかないといけないでしょう(笑)
昔の訳と新訳の違いも気になるところです…
読みたい度95%

|

« 『やかんの本』 | トップページ | 『土鍋ひとつ!でおいしくできた! 楽ウマ90品』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/7801608

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロリータ』:

« 『やかんの本』 | トップページ | 『土鍋ひとつ!でおいしくできた! 楽ウマ90品』 »