« 『続・三島由紀夫が死んだ日』 | トップページ | 『ロバと王女 フォト・ストーリー・ブック』 »

2005/12/11

『思い出の作家たち 谷崎・川端・三島・安部・司馬』

思い出の作家たち
ドナルド・キーン著 / 松宮 史朗訳
新潮社 1,500円(税別) ISBN4-10-331706-X 05.11刊

+内容+
谷崎潤一郎
川端康成
三島由紀夫
安部公房
司馬遼太郎

原題『FIVE MODERN JAPANESE NOVELISTS』Donald Keene
かくも壮大稀有なる「日本回帰」、谷崎潤一郎。果敢に前衛を目論んだ「伝統主義」、川端康成。仮面をわが肉体とした「美の極点」、三島由紀夫。日本語の可能性に飽くまでも沈潜した「無国籍者」、安部公房。日本人のための日本奪還の「英雄」、司馬遼太郎。現代日本文学の天空を鮮烈によぎった、またと出会えぬ作家たち。その軌跡を活写する五つの論考。敬愛と友情、そして感謝をこめて―。
ドナルド・キーン
1922年ニューヨーク生まれ。コロンビア大学名誉教授。日本文学や日本文化の研究、紹介における長年の多大な貢献に対し、勲二等旭日重光章、菊池寛賞、全米文芸評論家賞などを受賞。文化功労者にも選ばれた。著書に『日本文学の歴史』『足利義政』(中央公論新社)『明治天皇(上下巻)』(新潮社)など。

+関連・リンク+
新潮社

“三島由紀夫関連書籍”シリーズの番外編ということで…。
過去に、ドナルド・キーン氏の講演を聴いたことがあります。
内容は、主に三島由紀夫の思い出について。
内容は主に三島由紀夫の思い出について。
とても柔らかい温かみのある語り口で、
三島だけでなく、日本文学に対する愛情のようなものを感じました。
それにしても、文学者との付き合いの多い方で、
楽しいエピソードには事欠かない様子。
それも氏の真摯な姿勢からくるものなのでしょう。
読みたい度90%

|

« 『続・三島由紀夫が死んだ日』 | トップページ | 『ロバと王女 フォト・ストーリー・ブック』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/7576180

この記事へのトラックバック一覧です: 『思い出の作家たち 谷崎・川端・三島・安部・司馬』:

« 『続・三島由紀夫が死んだ日』 | トップページ | 『ロバと王女 フォト・ストーリー・ブック』 »