« 『元禄歌舞伎の展開 甦る名優たち』 | トップページ | 『やかんの本』 »

2005/12/22

『教養として知っておきたい「昭和」の名経営者』

三笠書房 629円(税別) ISBN4-8379-7528-3 05.12刊

+内容+
1章 技術立国・日本を築いた経営者たち
      経営の神様 利益こそ最高の善である―松下幸之助
      町工場をグローバル企業に押し上げた二人三脚―井深大・盛田昭夫〈他〉
2章 「巨大コンツェルン」を一代で築いた経営者たち
      人を集める天才、「経営の魔術師」の手腕―小林一三
      「人の通らない道」にこそ「宝の山」がある―堤康次郎〈他〉
3章 「商売の神様」とも敬われた経営者たち
      企業再建の名人 最強の組織を作った“メザシ”の土光―土光敏夫
      社員・将来・危険負担 「三愛主義」で事業を拡大―市村清〈他〉
4章 「経済大国の命運」を握った経営者たち
      証券業を一代にして近代化した男―野村徳七
      保険は人の生命、家族の幸福に関わる第一級の事業―弘世現〈他〉
5章 「エネルギーの王」として君臨した経営者たち
      電力の鬼「高度経済成長のインフラ」を築く―松永安左ヱ門
      歴史上初めて外国で「日の丸原油」の掘削権を手に!―山下太郎〈他〉

松下幸之助、本田宗一郎、井深大…昭和の時代を振り返ってみると、そこには「経営の神様」「発明の天才」とまで謳われた経営者が、綺羅星のごとく連なっていることに驚かされる。彼らの実績は単なる“歴史”ではない。その際立った「知恵」「才覚」「器量」を知ることは、現代のビジネスマンの「教養」となるばかりか、「生きた糧」ともなるはずだ。
松崎隆司(まつざき・たかし)
経済ジャーナリスト。経営論から人事、M&Aまで、扱うテーマは幅広い。

+関連・リンク+
三笠書房

現在の日本の繁栄を築く礎となった人達の話。
偉人伝とも違った感じで面白そうです。
読みたい度55%

|

« 『元禄歌舞伎の展開 甦る名優たち』 | トップページ | 『やかんの本』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/7775222

この記事へのトラックバック一覧です: 『教養として知っておきたい「昭和」の名経営者』:

« 『元禄歌舞伎の展開 甦る名優たち』 | トップページ | 『やかんの本』 »