« 『セピア色の遊園地 君も行った、僕も行った、あの遊園地・レジャーランド』 | トップページ | 『ろくろ首の首はなぜ伸びるのか 遊ぶ生物学への招待』 »

2006/01/09

『英国フード記 A to Z』

三修社 1,600円(税別) ISBN4-384-03765-1 06.1刊

+内容+
エール
ブレックファースト
クリスプス
デイリー・フード
イール
フィッシュ・アンド・チップス
グレイヴィー
ハギス
アイロン・ブルー
ジャケット・ポテト〈他〉

アフタヌーン・ティーにフィッシュ・アンド・チップス、そしてロースト・ビーフだけが、英国の味にあらず。ジェリード・イールにハギス、マーマイト…英国には見た目も、味もミステリアスなテイストの食べ物の数々がひそんでいたのである。来たれ、英国の不思議の味の世界へ。
石井理恵子(いしい・りえこ)
フリーランスのライター/エディター。映画、音楽、ペット、英国関係のジャンルで執筆。
松本里美(まつもと・さとみ)
銅版画家&ミュージシャン。ロックバンド「サボテン」のヴォーカル/ギター。

+関連・リンク+
三修社

よくイギリスの食事はまずいといわれるけれど、
近年美味しいレストランが次々とオープンしていたり、
事情は変わってきているように思います。
個人的にはビール、フィッシュ・アンド・チップス、紅茶、キドニー・パイなど
結構好きなものが多いのですが~。
読みたい度75%

|

« 『セピア色の遊園地 君も行った、僕も行った、あの遊園地・レジャーランド』 | トップページ | 『ろくろ首の首はなぜ伸びるのか 遊ぶ生物学への招待』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/8085293

この記事へのトラックバック一覧です: 『英国フード記 A to Z』:

« 『セピア色の遊園地 君も行った、僕も行った、あの遊園地・レジャーランド』 | トップページ | 『ろくろ首の首はなぜ伸びるのか 遊ぶ生物学への招待』 »