« 『天保十一年の忠臣蔵 鶴屋南北『盟三五大切』を読む』 | トップページ | 『箸づかいに自信がつく本 美しい箸作法は和の心』 »

2006/01/29

『卓上のバルコネグロ』

青幻舎 3,800円(税別) ISBN4-86152-056-8 06.1刊

+内容+
卓上の都市・凱旋門
卓上の都市・ふたつのモニュメント
卓上の都市・言葉の博物館
卓上の都市・市場のほとり
卓上の都市・スタジアム
卓上の都市・日ざしのある広場
卓上の都市・浮かび上がるもの
卓上の都市・映し出すもの
森の塔・夜空へ
森の塔・風が吹く〈他〉

ここにあるのは、20年以上も前に撮った私のモノクロ写真である。それをもう一度プリントしてみたいと思った。そうしなければならない現代という時代を思った。懐古するつもりはない。「過去形未来」としての写真と、それが新たに持った「未来形過去」としての言葉の出会い。この本の「現在」はそこにある。

+関連・リンク+
青幻舎
森村泰昌百貨店

森村泰昌は好きなアーティストの一人です。
色々な意味でかなり過激な表現が多いのですが、
過去に美術展に関連した講演会を聴きに行ったときには
ご本人の物静かな雰囲気が印象的でした。
読みたい度80%

|

« 『天保十一年の忠臣蔵 鶴屋南北『盟三五大切』を読む』 | トップページ | 『箸づかいに自信がつく本 美しい箸作法は和の心』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/8390130

この記事へのトラックバック一覧です: 『卓上のバルコネグロ』:

« 『天保十一年の忠臣蔵 鶴屋南北『盟三五大切』を読む』 | トップページ | 『箸づかいに自信がつく本 美しい箸作法は和の心』 »