« 『「名」と「恥」の文化』 | トップページ | 『図説 スコットランド』 »

2006/01/23

『クマのプーさんの哲学』

クマのプーさんの哲学
J.T.ウィリアムズ著 / 小田島 雄志 / 小田島 則子訳
河出書房新社 780円(税別) ISBN4-309-46262-6 06.1刊

+内容+
1 この本はどんな本か
2 プーと古代ギリシア―プラトン、アリストテレスなど
3 プーと17世紀の合理主義者たち―デカルト、スピノザ、ライプニッツ
4 プーとイギリス経験主義の伝統―ロック、バークレー司教、ヒューム
5 後期経験主義―ミル、ラッセル、エイヤー、ポパー、ウィトゲンシュタイン
6 プーとドイツ哲学者たち―カント、ヘーゲル、ニーチェ
7 プーと実存主義―マルセル、ハイデガー、サルトル、カミュ

原題『Pooh and the Philosophers』John Tyerman Williams
クマのプーさんは、偉大な哲学者!?のんびり屋さんではちみつが大好きな「あたまの悪いクマ」プーがあなたの抱える問題も悩みもふきとばす!世界中で愛されている物語で解いた、愉快な哲学入門。E.H.シェパードの挿絵も満載。
J.T・ウィリアムズ
俳優として活躍した後、オックスフォード大学へ戻り歴史、文学の分野で博士号を取得。アーサー王伝説発祥の地、ティンタゲル在住。

+関連・リンク+
河出書房新社
POOH BEAR'S HOUSE


「プーと17世紀の合理主義者たち」って…
なんだか目次がすごいことになっています(笑)
ちなみに訳者は、自分の敬愛する英文学者、
シェイクスピア全訳を手がけられた小田島雄志センセイです!
読みたい度60%

|

« 『「名」と「恥」の文化』 | トップページ | 『図説 スコットランド』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/8295197

この記事へのトラックバック一覧です: 『クマのプーさんの哲学』:

« 『「名」と「恥」の文化』 | トップページ | 『図説 スコットランド』 »