« 『鼻ほじり論序説』 | トップページ | 『図説・龍の歴史大事典』 »

2006/03/28

『パワフル粘菌』

パワフル粘菌
前田 靖男著
東北大学出版会 1,800円(税別) ISBN4-86163-021-5 06.2刊

+内容+
1 はじめに
2 細胞性粘菌の多彩な生存戦略
3 粘菌が研究対象として重宝がられる理由
4 単細胞から多細胞へ
5 細胞分化のはじまり
6 分化パターンの形成機構
7 新たな生命活動の再開:発芽
8 ミトコンドリアの意外な側面:発生制御面での多面的機能
9 むすび
10 参考書・映画・ビデオ

森のなかの妖精といわれる細胞性粘菌。それは自然界のなかで力強くそしてしなやかに生きている。この粘菌はまた、さまざまな生命現象を解明する上で研究材料としてのメリットを実に沢山もっており、まさにパワフルな存在である。本書では、このモデル生物そのものがもつ面白さや、これまでの研究で明らかにされた科学的成果とその問題点を、著者が長年にわたる研究生活のなかで体験したエピソードを交えながら紹介する。
前田靖男(まえだ・やすお)
東北大学大学院生命科学研究科教授

+関連・リンク+
東北大学出版会
細胞性粘菌研究会
粘菌のページ
粘菌生活

南方熊楠経由で粘菌に興味を持っていたりします。
粘菌、ちょっと見ただけでもへんないきものという印象です。
読みたい度55%

|

« 『鼻ほじり論序説』 | トップページ | 『図説・龍の歴史大事典』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/9303608

この記事へのトラックバック一覧です: 『パワフル粘菌』:

« 『鼻ほじり論序説』 | トップページ | 『図説・龍の歴史大事典』 »