« 『ロンドン食の歴史物語 中世から現代までの英国料理』 | トップページ | 『前川國男・弟子たちは語る』 »

2006/04/03

『脳は眠らない 夢を生みだす脳のしくみ』

脳は眠らない
アンドレア・ロック著 / 伊藤 和子訳
ランダムハウス講談社 2,200円(税別) ISBN4-270-00120-8 06.3刊

+内容+
第1章 夢研究の誕生―何でもありの時代
第2章 フロイトはまちがっている?―脳幹の役割
第3章 夢はどこから生まれるのか―「自然の実験」からわかること
第4章 夢の機能―生存のためのリハーサル
第5章 夢と記憶―体験を整理する
第6章 夢は心を癒す―自分でできる精神分析
第7章 左脳の解説者―脳が紡ぎだすストーリー
第8章 創造する夢―カオスから生まれる斬新なアイデア
第9章 明晰夢の世界―自分の夢をコントロールする
第10章 意識の解明をめざして―夢と現実をつなぐもの

原題『The Mind at Night:The New Science of How and Why We Dream』Andrea Rock
夢の筋書きが奇想天外なわけ、うつ病やトラウマと夢の関係、夢から生まれた大発明、思い通りの夢を見る方法…。夢を生みだす脳のしくみを探っていけば、人間の意識の謎に近づける。個性豊かな研究者たちが、いまだ知られざる真夜中の脳の世界に挑む最先端の科学の現場。
アンドレア・ロック
医療分野を中心に活躍するジャーナリスト。全米雑誌賞、調査報道記者編集者賞、職業ジャーナリスト協会賞など数々の賞を受賞している。

+関連・リンク+
ランダムハウス講談社

夢には結構興味を持っていて、フロイトの『夢判断』を読んだり、
夢日記をつけてみたりしていました。
近年は睡眠時間が少ないのが影響しているのか、
夢を見ているのでしょうが、目覚めても覚えていないことが多いです。
自分の夢は、いつも奇想天外な夢ばかりなので、面白かったりします。
読みたい度75%

|

« 『ロンドン食の歴史物語 中世から現代までの英国料理』 | トップページ | 『前川國男・弟子たちは語る』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/9332665

この記事へのトラックバック一覧です: 『脳は眠らない 夢を生みだす脳のしくみ』:

« 『ロンドン食の歴史物語 中世から現代までの英国料理』 | トップページ | 『前川國男・弟子たちは語る』 »