« 『バレエ・ギャラリー30 登場人物&物語図解』 | トップページ | 『ヘンタイの理論と実践 性に悩む青少年のためのやさしい教書科』 »

2006/04/18

『「週刊新潮」が報じたスキャンダル戦後史』

新潮社 1,200円(税別) ISBN4-10-354020-6 06.2刊

+内容+
1 「美談」と「常識」の裏側
2 虚飾の英雄
3 わるいやつら
4 菊のカーテンの隙間から
5 この国のおかしなかたち
6 男と女の世の中
7 われわれは見た

昭和31年に創刊された「週刊新潮」も、今年ではや50年。半世紀にわたる時代の中で、何を書き、何を読者に訴え続けてきたのか。日本中が喝采した美談の裏側から、時の英雄の虚飾ぶりや歴史的事件の真相、果ては皇太子のズボンの太さまで―。時代を越え、なお色褪せない厳選記事で繙く“新潮流”スキャンダル戦後史。

+関連・リンク+
新潮社

この手の週刊誌はほとんど買いませんが、
新聞広告、電車内のつり広告は結構じっくり見てしまいます。
センセーショナルな言葉に色々想像を膨らませたりして(笑)
読みたい度50%

|

« 『バレエ・ギャラリー30 登場人物&物語図解』 | トップページ | 『ヘンタイの理論と実践 性に悩む青少年のためのやさしい教書科』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/9650439

この記事へのトラックバック一覧です: 『「週刊新潮」が報じたスキャンダル戦後史』:

« 『バレエ・ギャラリー30 登場人物&物語図解』 | トップページ | 『ヘンタイの理論と実践 性に悩む青少年のためのやさしい教書科』 »