« 『京の坪庭を楽しむ』 | トップページ | 『7時間でマスター旅する英会話 飛行機に乗ってからでも、まだ間に合う!』 »

2006/04/26

『華族 近代日本貴族の虚像と実像』

華族
小田部 雄次著
中央公論新社 940円(税別) ISBN4-12-101836-2 06.3刊

+内容+
序章 イメージとしての華族―鹿鳴館を彩った人びと
第1章 華族の成立
第2章 「選ばれた階級」の基盤構築
第3章 肥大化する華族―明治から大正へ
第4章 崩壊への道程―大正から昭和へ
終章 日本的「貴族」の終焉―敗戦・戦後

明治維新後、旧公卿・大名、維新功労者などから選ばれた華族。「皇族の藩屏」として、貴族院議員選出など多くの特権を享受した彼らは、近代日本の政治、経済、生活様式をリードした「恵まれた」階級のはずだった。日清・日露戦争後、膨大な軍人や財界人を組み込み拡大を続けたが、多様な出自ゆえ基盤は脆く、敗戦とともに消滅する。本書は、七八年間に一〇一一家存在したその実像を明らかにする。巻末に詳細な「華族一覧」付。
小田部雄次(おたべ・ゆうじ)
立教大学非常勤講師などを経て、静岡福祉大学教授。専攻は日本近現代史。

+関連・リンク+
中央公論新社

三島由紀夫の小説などで取り上げられていることもあり、気になっていたりして。
現存している建築物にかかわる部分でも興味を持っています。
現代社会では想像もつかない生活なんでしょうねぇ。
中には破天荒な生涯を送った人もいたようで。
読みたい度75%

|

« 『京の坪庭を楽しむ』 | トップページ | 『7時間でマスター旅する英会話 飛行機に乗ってからでも、まだ間に合う!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/9759457

この記事へのトラックバック一覧です: 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』:

« 『京の坪庭を楽しむ』 | トップページ | 『7時間でマスター旅する英会話 飛行機に乗ってからでも、まだ間に合う!』 »