« 『“しくみ”で解く茶室』 | トップページ | 『建築家・前川國男の仕事』 »

2006/05/02

『古本通 市場・探索・蔵書の魅力』

古本通
樽見 博著
平凡社 700円(税別) ISBN4-582-85318-8 06.4刊

+内容+
第1章 古書業界の仕組み
第2章 古書価決定のシステム
第3章 古本探しのツール
第4章 古本探索の楽しさ
第5章 蔵書百態
第6章 有利な蔵書処分法
第7章 古本のこれから

マスコミも伝えない古書業界の仕組み、古本探索の奥義と秘策。古今のユニークな蔵書家たちとアッと驚く蔵書のエピソード。果ては蔵書処分の方法まで、コレ一冊に古本とつきあう法が満載。古書業界誌のベテラン編集者が語る、奥深く尽きせぬ古本の魅力。
樽見博(たるみ・ひろし)
1979年日本古書通信社に入社。以後、月刊「日本古書通信」の編集、『全国古本屋地図』の編纂などに従事。2004年、私家版『古本ずき』を刊行。

+関連・リンク+
平凡社
日本古書通信

自分の場合、古書店で本を買うのは、一般の書店では手に入らないものがメイン。
欲しかった本を書棚で見つけたときの喜びは古書店ならではのことです。
暇つぶしに覗いてみたりというのも楽しいですね。
読みたい度65%

|

« 『“しくみ”で解く茶室』 | トップページ | 『建築家・前川國男の仕事』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/9786115

この記事へのトラックバック一覧です: 『古本通 市場・探索・蔵書の魅力』:

« 『“しくみ”で解く茶室』 | トップページ | 『建築家・前川國男の仕事』 »