« 『ウラ読みドストエフスキー』 | トップページ | 『疲れない体をつくる「和」の身体作法 能に学ぶ深層筋エクササイズ』 »

2006/06/28

『かまぼこはなぜ11ミリで切るとうまいのか?』

サンマーク出版 1,300円(税別) ISBN4-7631-9703-7 06.5刊

+内容+
01 プロじゃないからといってあきらめていませんか?
      まずいチャーハンはなぜ一瞬で見分けがつくのか?
      わが家のマグロ刺しはどうすればすし屋と同じ味になるのか?〈他〉
02 素材の本当の味を知ろうとしていますか?
      ねぎはメロンと同じ甘さだと聞いて素直に信じられるか?
      しょうゆのおいしさがわからない日本人が多いのはなぜか?〈他〉
03 レシピどおりに作ればおいしくなると思っていませんか?
      唐揚げがおいしくなる謎のOKサインとはいったい何か?
      とうもろこしのヒゲの数と粒の数は、なぜ同じなのか?
      スポンジケーキはなぜつまようじ1本で見違えるほど変わるのか
      たかが濡れ布巾ごときがオムレツの明暗を分けるのはなぜか?
04 いつのまにか習慣の奴隷になっていませんか?
      かまぼこはなぜ11ミリで切るとうまいのか?
      焼酎の蔵元は、なぜお湯割りを見ると寂しくなるのか?
      乾かしながら魚を焼くのにどんな意味があるのか?
      茶碗蒸しは中火で蒸すという常識は、なぜ非常識なのか?
05 家族への愛情が裏目に出ていませんか?
      火を止めてルウを割り入れるとシチューがうまくなるのはなぜか?
      50歳を過ぎてさえ肉じゃがが満足に作れないのはなぜか?〈他〉

わが家の味がイマイチなのはなんでだろ?NHK「ためしてガッテン」の名物ディレクターが休日返上で書き上げた、「ガッテン流・料理の鉄則」ウルトラ決定版。
北折一(きたおり・はじめ)
NHK科学・環境番組部専任ディレクター、テレビ番組「ためしてガッテン」演出担当デスク。NHKに入局、1995年、「ためしてガッテン」立ち上げに参加。「血液サラサラ」ブームのきっかけをつくるなど、今日の「ためしてガッテン」人気を不動のものとする。また、2000年にはテレビ業界初となる「消費生活アドバイザー」資格を取得。消費者(視聴者)の立場からみて本当に有益・有効な商品(番組)とは何かを追究しつづけている。

+関連・リンク+
サンマーク出版
NHKためしてガッテン

NHKの番組『ためしてガッテン』、結構観ていたりします。
ガッテン流の料理とか、まねをしてやってみるけれど、
番組で絶賛していたような味にならないことも。
そんなこともあるけれど、やはり目からウロコの情報は
気になる、気になる(笑)
読みたい度50%

|

« 『ウラ読みドストエフスキー』 | トップページ | 『疲れない体をつくる「和」の身体作法 能に学ぶ深層筋エクササイズ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/10698055

この記事へのトラックバック一覧です: 『かまぼこはなぜ11ミリで切るとうまいのか?』:

« 『ウラ読みドストエフスキー』 | トップページ | 『疲れない体をつくる「和」の身体作法 能に学ぶ深層筋エクササイズ』 »