« 『江青に妬まれた女 ファーストレディ王光美の人生』 | トップページ | 『トラベリンカー ロンドン密着型旅行会話』 »

2006/06/22

『コメを選んだ日本の歴史』

文藝春秋 790円(税別) ISBN4-16-660505-4 06.5刊

+内容+
序章 コメの力と起源
第1章 日本列島へ―縄文と弥生のコメ
第2章 社会システムを変える―弥生の戦争とクニ
第3章 統一国家を築く―古墳から古代国家へ
第4章 社会の主役へ―中世の社会とコメ志向
第5章 経済の根本を担う―石高制社会の成立と性格
第6章 西洋的近代化のなかで―国家と食生活の基礎
第7章 政治と文化の狭間で―コメ政策と食文化の変容

イモ、雑穀、獣肉…。さまざまな食物のなかで、どうしてコメだけが聖なる地位を獲得できたのか。コメの魔力と味覚の虜になった日本人の思考と心性のあり方をひもとく。
原田信男(はらだ・のぶお)
札幌大学女子短大教授を経て、現在、国士舘大学21世紀アジア学部教授。ウィーン大学日本学研究所、国際日本文化研究センターなどの客員教授を歴任。

+関連・リンク+
文藝春秋

普段何も考えないでコメを口にしていますが、
考えてみれば数多くあるものの中から主食としてチョイスされた理由が知りたい。
「聖なる地位」というのも何だかスゴイですね~。
読みたい度55%

|

« 『江青に妬まれた女 ファーストレディ王光美の人生』 | トップページ | 『トラベリンカー ロンドン密着型旅行会話』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『江青に妬まれた女 ファーストレディ王光美の人生』 | トップページ | 『トラベリンカー ロンドン密着型旅行会話』 »