« 『句読点活用辞典』 | トップページ | 『ワサビのすべて 日本古来の香辛料を科学する』 »

2006/06/18

『身近に亡くなりそうな人がいたら読む本』

身近に亡くなりそうな人がいたら読む本
市川 愛 / 高橋 希代子 / 山田 静江著
主婦の友インフォス情報社 1,300円(税別) ISBN4-07-250168-9 06.6刊

+内容+
第1章 葬儀社の営業文句に隠された落とし穴
第2章 葬式にまつわるこんな問題こんな疑問
第3章 葬儀の席に必ずいるバカ親戚の大迷惑
第4章 戒名、遺影に振り回される俗世の人間
第5章 お墓、埋葬。永眠するのは故人のはず
第6章 相続の前から故人の財産が悩みのタネ
第7章 相続バトル。嗚呼あまりにも人間的な

本書では、私たちがこれまでに出会ったトラブル例を、物語形式で紹介しています。プライバシーに配慮して設定は変え、仮名にしてありますが、すべて実際に起こっていることで、あなた自身にも起こり得ることです。事例と同じ失敗をしないためにも、「縁起でもない」などといわず、本書に書いてある経験やアドバイスを活かして、お葬式やお墓、相続のことをざっくばらんに話し合ってください。
市川愛(いちかわ・あい)
葬儀相談員。葬儀社紹介業に勤務後、不透明な葬儀業界に問題意識を持ち、独立。日本で初めて葬儀相談員という仕事を創り、葬式の相談、セミナー講師、コラム執筆、コンサルティングなどを行う。お葬式の相談機関「リリーフ」代表。
高橋希代子(たかはし・きよこ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士/CFP。年金アドバイザー。保険会社、証券会社、銀行、会計事務所にて勤務経験あり。ファイナンシャル・プランナー歴10年。わかりやすいセミナーやアドバイスが好評。人生の後半期をサポートするNPO法人「らしさ」副理事長。
山田静江(やまだ・しずえ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士/CFP。早稲田大学商学部卒業後、銀行、会計事務所勤務などを経て独立。「安心して暮らせるマネープランづくり」をモットーに、執筆や監修、相談、セミナーを行う。NPO法人「らしさ」事務局長。

+関連・リンク+
主婦の友インフォス情報社

なんちゅうタイトルの本なんだ~!
家の中にこんなタイトルの本が置いてあったりしたら、
結構ドキドキしそう(笑)
読みたい度25%

|

« 『句読点活用辞典』 | トップページ | 『ワサビのすべて 日本古来の香辛料を科学する』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/10520430

この記事へのトラックバック一覧です: 『身近に亡くなりそうな人がいたら読む本』:

« 『句読点活用辞典』 | トップページ | 『ワサビのすべて 日本古来の香辛料を科学する』 »