« 『笑う大英帝国 文化としてのユーモア』 | トップページ | 『ぼく、ドラえもんでした。 涙と笑いの26年うちあけ話』 »

2006/07/03

『サンドイッチノート 160 recipes of spcial sandwiches』

柴田書店 2,500円(税別) ISBN4-388-05993-5 06.6刊

+内容+
野菜
ハム・ポーク・ビーフ
チキン・卵
魚介類
チーズ
ハンバーガー・ホットドッグ
タルティーヌ
ティーサンド
パーティ用サンドイッチ

本書では、サンドイッチ専門店、パン屋さん、カフェ、ハンバーガー専門店など、サンドイッチに力を入れている24店の人気メニューとその作り方を収録しました。

+関連・リンク+
柴田書店

休日の朝食に、時々サンドイッチを作ったりします。
手軽に作れて、ヴォリュームもあり、野菜も多く取れる感じ。
どうしても決まった具になってしまうのが難点だけど。
外で買うこともありますが、ちょっと値段が高めになってしまいますね。
読みたい度65%

|

« 『笑う大英帝国 文化としてのユーモア』 | トップページ | 『ぼく、ドラえもんでした。 涙と笑いの26年うちあけ話』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/10721903

この記事へのトラックバック一覧です: 『サンドイッチノート 160 recipes of spcial sandwiches』:

« 『笑う大英帝国 文化としてのユーモア』 | トップページ | 『ぼく、ドラえもんでした。 涙と笑いの26年うちあけ話』 »