« 『サンドイッチノート 160 recipes of spcial sandwiches』 | トップページ | 『これさえあれば 極上の調味料を求めて』 »

2006/07/06

『ぼく、ドラえもんでした。 涙と笑いの26年うちあけ話』

小学館 1,500円(税別) ISBN4-09-387654-1 06.6刊

+内容+
第1章 運命の出会い
第2章 テレビ「ドラえもん」スタート!
第3章 『のび太の恐竜』公開!
第4章 映画ドラえもん時代1―怒涛のドラ波
第5章 藤本先生の思い出
第6章 映画ドラえもん時代2―先生の蒔いた種
第7章 ありがとう、ドラえもん。
第8章 伝えていきたいこと

大山のぶ代(おおやま・のぶよ)
1936年10月16日、東京生まれ。女優。都立三田高校在学中に劇団俳優座養成所入学。1956年「この瞳」(NHK)でデビュー。出演作に「名犬ラッシー」「ブーフーウー」「ハリスの旋風」「江戸を斬る」「じゃがいも」など多数。1979年4月~2005年3月まで、ドラえもんの声を26年間担当。2005年「放送ウーマン賞」受賞

+関連・リンク+
小学館
ドラえもん
ドラえもんチャンネル

子どもの頃、実は漫画禁止でした。
旅行や帰省など、長時間の移動の時のみOK(笑)
でも、気付くとドラえもん百科みたいな本を持ってました。
元の漫画はそれほど読む機会が無かったような感じだったのに。
なぜだろう…
何はともあれ、やっぱりドラえもん、好きです。
読みたい度55%

|

« 『サンドイッチノート 160 recipes of spcial sandwiches』 | トップページ | 『これさえあれば 極上の調味料を求めて』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/10810217

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼく、ドラえもんでした。 涙と笑いの26年うちあけ話』:

« 『サンドイッチノート 160 recipes of spcial sandwiches』 | トップページ | 『これさえあれば 極上の調味料を求めて』 »