« 『女優山口百恵』 | トップページ | 『よみがえる芥川龍之介』 »

2006/07/25

『天使の文化図鑑』

天使の文化図鑑
ヘルベルト・フォアグリムラー / ウルズラ・ベルナウアー / トーマス・シュテルンベルク著
東洋書林 12,000円(税別) ISBN4-88721-708-0 06.6刊

+内容+
天使はどこから?
天使の姿
神の天使と旧約聖書の天使
聖書以外のユダヤ教文献に見る天使のイメージ
新約聖書の天使
イスラム世界の天使
古代および中世の教会における天使
教会の公文書に見る天使
守護天使、勢力と権威について
もし天使がいなかったら
近代の神学に見る天使
哲学と文学における天使
天使の最新事情


原題『ENGEL:Erfahrungen g¨ottlicher N¨ahe』Herbert Vorgrimler,Ursula Bernauer,Thomas Sternberg
「天使」をめぐる、さまざまな疑問について、東西の宗教史・宗教学から、心理学、哲学、文学、映画まで幅広いジャンルを検証し、人類が「天使」をどのようにとらえ、イメージしてきたかを概観。古代から中世、現代まで、ギリシア・ローマの美しい彫刻や中世ヨーロッパの宗教画、中近東の鮮やかな写本彩画、中南米や東欧のユニークな民芸品、心の奥底を表現する現代アートなど、豊富な図版とともに解説する、“目で見る文化図鑑”。
ヘルベルト・フォアグリムラー
1929年生まれ。神学博士。1950~1984年カール・ラーナーの共同研究者。1968~1972年ルツェルン大学教授。1972年カール・ラーナーの後継者としてノルトライン・ヴェストファーレン州ミュンスター大学教授に就任。1994年退官。神学関係の著書多数。
ウルズラ・ベルナウアー
1939年生まれ。社会医学博士。1976~1987年フライブルクのカトリック介護職生涯教育研究所所長。1987年よりフライブルク大司教区カトリック・アカデミー講師。またチューリヒのC.G.ユング研究所で心理療法士教育の教鞭もとる。
トーマス・シュテルンベルク
1952年生まれ。神学博士、文学博士。ミュンスター、ローマ、ボンにてドイツ語・ドイツ文学、美術史、神学を修める。1988年よりノルトライン・ヴェストファーレン州ミュンスターのカトリック社会アカデミー(フランツ・ヒッツェ・ハウス)所長。ミュンスター大学芸術学および典礼学講師、ドイツ・カトリック中央会議文化基本問題担当。

+関連・リンク+
東洋書林

過去にも天使についての本を取り上げたと思いますが…
自分は渋澤龍彦のエッセイで仕組みを知りました。
顔と翼だけしかない天使がいたり、天使の世界にも厳密な階級があったり、
かなりビックリな世界なんですよね~
読みたい度45%

|

« 『女優山口百恵』 | トップページ | 『よみがえる芥川龍之介』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11041035

この記事へのトラックバック一覧です: 『天使の文化図鑑』:

« 『女優山口百恵』 | トップページ | 『よみがえる芥川龍之介』 »