« 『京劇の世界』 | トップページ | 『史上最強のオペラ』 »

2006/07/22

『谷崎潤一郎伝 堂々たる人生』

谷崎潤一郎伝
小谷野 敦著
中央公論新社 2,400円(税別) ISBN4-12-003741-X 06.6刊

+内容+
作家の「誕生」
汽車恐怖症前後
長男としての潤一郎
結婚と支那旅行―大正中期の谷崎
小田原事件―佐藤春夫と妻千代
関東大震災前後―横浜から関西へ
妻君譲渡事件と和田六郎―昭和初年の谷崎
古川丁未子の真実―谷崎第二の妻
「松子神話」の完成まで
谷崎をめぐる人々
『源氏物語』から敗戦まで
京の谷崎―戦後の日々
渡辺千萬子と晩年の谷崎
「女中綺譚」と「犬猫記」
終焉

三度の結婚、妻譲渡事件、人妻との密通、あいつぐ発禁―スキャンダルに彩られた文豪「大谷崎」の生涯を、従来の「神話」に惑わされることなく描き出す。
小谷野敦(こやの・あつし)
現在、東京大学非常勤講師、国際日本文化研究センター共同研究員

+関連・リンク+
中央公論新社

大学のゼミで、卒論テーマの話題が出たときに、
三島由紀夫をやりたいという話をしていたら、
ゼミの先生に「三島は底が浅い。谷崎の方がずっと深いですよ。」と言われたことが
いまだに記憶に残っています…
読みたい度65%

|

« 『京劇の世界』 | トップページ | 『史上最強のオペラ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11041013

この記事へのトラックバック一覧です: 『谷崎潤一郎伝 堂々たる人生』 :

« 『京劇の世界』 | トップページ | 『史上最強のオペラ』 »