« 『なぜ偉人たちは教科書から消えたのか “肖像画”が語る通説破りの日本史』 | トップページ | 『谷崎潤一郎伝 堂々たる人生』 »

2006/07/21

『京劇の世界』

京劇の世界
徐 城北著
東方書店 2,400円(税別) ISBN4-497-20507-X 06.6刊

+内容+
魅惑的な隈取り(臉譜)
にぎやかな「孫悟空」
徽劇団一座の北京入りと京劇の誕生
観劇と「戯園子」
舞台と道具
行当(役柄)
演目
音楽と楽隊
演技
男旦(女形)〈他〉

中国の伝統演劇・京劇を、その歴史や理論、有名な演目や主要な俳優、さまざまな要素や鑑賞法まで、貴重な図版を交えながらわかりやすく解説。京劇鑑賞のための絶好の入門書。
徐城北(じょ・じょうほく)
中国京劇院にて劇作家、研究部主任を歴任。京劇俳優李世済のために書いた京劇『武則天』は第一回「文華奨」を受賞。京劇文化、北京文化に造詣が深い。現在、中国芸術研究院研究員、中国作家協会会員、中国電視芸術委員会戯曲委員会委員。

+関連・リンク+
東方書店
@京劇
京劇城

チェン・カイコー監督の映画『さらば、わが愛~覇王別姫』を観て
京劇に興味を持ったのですが、実際に舞台を観たことは無かったり…。
これまで読んだ京劇関連本の中でお薦めは、加藤徹著『京劇』(中公叢書)。
歴史と絡めた内容がとても面白いです!
読みたい度65%

|

« 『なぜ偉人たちは教科書から消えたのか “肖像画”が語る通説破りの日本史』 | トップページ | 『谷崎潤一郎伝 堂々たる人生』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11024978

この記事へのトラックバック一覧です: 『京劇の世界』:

« 『なぜ偉人たちは教科書から消えたのか “肖像画”が語る通説破りの日本史』 | トップページ | 『谷崎潤一郎伝 堂々たる人生』 »