« 『ユーミン「愛」の地理学 松任谷由実「私」という至福の空間』 | トップページ | 『麺の文化史』 »

2006/08/26

『NASA The Complete Illustrated History』

NASA
マイケル・ゴーン著 / 毛利 衛日本語版監修
トランスワールドジャパン 6,800円(税別) ISBN4-925112-81-3 06.10刊

+内容+
NASA前史―米航空諮問委員会(NACA)の時代
大気圏の外へ―マッハ1からマーキュリー計画まで
人類、月に立つ―ジェミニ計画とアポロ計画
無人探査の時代―はるかなる惑星への旅路
スペースシャトル―実用主義時代の宇宙飛行
ラウンド&ラウンド―21世紀の宇宙開発

原題:『NASA:The Complete Illustrated History』Michael Gorn
本書はNASA(米航空宇宙局)に関する初の写真を満載したヒストリーブックであり、20世紀初頭から現在にいたる宇宙探査の歴史について語られている。宇宙探査のためのテクノロジーだけでなく、影響を与えた人々にも焦点が当てられる。航空・宇宙開発史を中心とした歴史家、マイケル・ゴーンの手によってNASAとその前身であるNACAの中に息づいた進取の精神やエネルギーが伝えられた歴史書だ。
マイケル・ゴーン
航空・宇宙開発分野を中心とした歴史家。著書に、Expanding the Envelope:Flight Research at the NACA and NASA(2004年度ガードナー‐ラッサー航空宇宙史文学賞受賞)などがある。スミソニアン航空宇宙博物館アルフレッド・V・ベルヴィル研究奨励金を受ける。

+関連・リンク+
トランスワールドジャパン
NASA

やはり写真は迫力ありますね。
子どもの頃、スペースシャトル開発にはとても心が躍りました。
誕生日プレゼントに友人からスペースシャトルのプラモデルをもらったこともあったなぁ。
“NASA”という言葉もかっこいいと感じてたんですよね~。
あ、でもチャレンジャー爆発のニュースには衝撃的で、
今でも映像ははっきり記憶に残っています。
そのスペースシャトル計画もあれれという感じになってしまい…
昔のような宇宙に向けた夢もだんだん小さくなっていくのは残念ですね。
読みたい度80%

|

« 『ユーミン「愛」の地理学 松任谷由実「私」という至福の空間』 | トップページ | 『麺の文化史』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11540686

この記事へのトラックバック一覧です: 『NASA The Complete Illustrated History』:

« 『ユーミン「愛」の地理学 松任谷由実「私」という至福の空間』 | トップページ | 『麺の文化史』 »