« 『赤坂璃宮 譚彦彬 ベーシックな中国料理』 | トップページ | 『細菌の手帳』 »

2006/08/31

『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』

講談社 1,300円(税別) ISBN4-06-213512-4 06.7刊

+内容+
1 安い豆腐に未来はない
     まさか豆腐屋になるなんて
     うまいもんがあれば幸せだよね〈他〉
2 ジョニーはなぜ売れたのか
     機械にしかできないこと
     にがりでうまくなるのは嫌〈他〉
3 妄想こそ創造の原点
     第一回ふんどし祭
     どこにでもあったら、つまらない〈他〉
4 格好悪いから格好いい
     JBひとつください
     次に出るのはジョニ黒だ〈他〉

目隠しして何十種類の豆腐を試食したとしても、必ず選んでいただけるような本物の味を作る。『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』や『男前豆腐』は通常の三倍は手間をかけて作ってます、押忍。本物の男前は、あなたを裏切ったりしない。こんな豆腐が、こんな会社が、あっていいのか?斜陽の豆腐業界に突如、起こった大異変。売れるはずのなかった大ヒット商品の舞台裏。男前豆腐店ストーリー。
伊藤信吾(いとう・しんご)
男前豆腐店代表取締役社長。シンガポールの貿易会社、東京・築地場内の水産会社勤務を経て、'93年、茨城県の三和豆友食品に入社。'04年に「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」を完成させる。'05年3月、男前豆腐店を設立。同年9月に、会社を京都府南丹市に移転して、現在に至る。

+関連・リンク+
講談社
男前豆腐店

このところ結構豆腐が注目されている様子。
この豆腐もネーミングで注目。(このネーミング、ちょっと意味不明な気もしますが…)
ウマイという話も聞くので、一度食べてみたいと思いつつ。
読みたい度60%

|

« 『赤坂璃宮 譚彦彬 ベーシックな中国料理』 | トップページ | 『細菌の手帳』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11540768

この記事へのトラックバック一覧です: 『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』:

« 『赤坂璃宮 譚彦彬 ベーシックな中国料理』 | トップページ | 『細菌の手帳』 »