« 『クマムシ?! 小さな怪物』 | トップページ | 『媚薬の博物誌』 »

2006/08/23

『しかけ絵本の基礎知識 プルタブ 基本と応用』

プルタブ
こづま 美千子著 / わく はじめ著
大日本絵画 2,000円(税別) ISBN4-499-33059-9 06.8刊

+内容+
平行移動
かわり絵
テコを利用
テコを利用+補助
平行移動+テコを利用
Uターン
斜め折り
回転軸
応用作品

Pop‐up(しかけ絵本)でいう「プルタブ」とは、つまみ(=tab)を引っぱる(=pull)ことによって力を伝え、仕掛けを動かす仕組みのことです。開くと飛び出す仕掛けのような派手さはありませんが、引っぱる時の指先の動きと連動して場面が展開するという、ひと味違った楽しさがあります。本書では、その「プルタブ」の基本的な構造14例の種あかしをしながら、具体的な場面に応用し、さらに少し進めて複数の「プルタブ」を併用した応用作品を作るまでを分かりやすく示しました。基本構造14、カラー口絵の応用作例17、応用作品2の全てを、本文内の型紙と図面を利用して作ることが出来ます。どうぞ実際に手を動かしながら「プルタブ」の世界を覗いてみて下さい。

+関連・リンク+
大日本絵画

最近流行っている仕掛け絵本。
もう子どものものだけではなく、大人が楽しむものにもなっていますね。
自分で作ってみたいとも思ったり。
とても面白そうです。
読みたい度55%

|

« 『クマムシ?! 小さな怪物』 | トップページ | 『媚薬の博物誌』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11477236

この記事へのトラックバック一覧です: 『しかけ絵本の基礎知識 プルタブ 基本と応用』:

» しかけ絵本の基礎知識 プルタブ 基本と応用 [忍者大好きいななさむ書房]
しかけ絵本の基礎知識 プルタブ 基本と応用 [続きを読む]

受信: 2009/09/26 23:58

« 『クマムシ?! 小さな怪物』 | トップページ | 『媚薬の博物誌』 »