« 『寺山修司 過激なる疾走』 | トップページ | 『図解 吸血鬼』 »

2006/08/05

『坂田藤十郎 歌舞伎の真髄を生きる』

坂田藤十郎
坂田 藤十郎著
世界文化社 2,571円(税別) ISBN4-418-06520-2 06.7刊

+内容+
第1章 お初とともに歩んだ人生
第2章 役者としての覚醒
第3章 歌舞伎は世界の共通言語
第4章 藤十郎への転生
第5章 歌舞伎の真髄
第6章 後世へと繋ぐもの
第7章 自分を生ききる

次世代に贈る生き方のヒント。坂田藤十郎という大きな夢を叶えた著者が人生の軌跡を綴るフォト&エッセイ。
坂田藤十郎(さかた・とうじゅうろう)
昭和6年12月31日、二世中村鴈治郎の長男として京都に生まれる。昭和16年10月、大阪・角座で二代目扇雀を名乗り、『嫗山姥』の坂田公時と、『菅原伝授手習鑑』の小太郎で初舞台。昭和28年8月、東京・新橋演舞場の公演で、『曾根崎心中』の主役のお初役に抜擢され注目を浴び、「扇雀ブーム」が巻き起こる。昭和56年、「近松座」を結成。平成2年11月、東京・歌舞伎座にて三代目中村鴈治郎を襲名。平成17年、京都・南座にて坂田藤十郎を襲名。屋号は山城屋(やましろや)。日本芸術院会員、文化功労者、重要無形文化財保持者(人間国宝)。ほか受賞多数。

+関連・リンク+
世界文化社
中村鴈治郎改め四代目坂田藤十郎襲名披露

上方の人なので、なんとなく馴染みが薄い気がする役者さん。
ちなみに奥さんは、扇千景。
藤十郎の近松物、一度通しで観てみたい~!
読みたい度55%

|

« 『寺山修司 過激なる疾走』 | トップページ | 『図解 吸血鬼』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11241421

この記事へのトラックバック一覧です: 『坂田藤十郎 歌舞伎の真髄を生きる』:

« 『寺山修司 過激なる疾走』 | トップページ | 『図解 吸血鬼』 »