« 『秘する肉体 大野一雄の世界』 | トップページ | 『しかけ絵本の基礎知識 プルタブ 基本と応用』 »

2006/08/22

『クマムシ?! 小さな怪物』

クマムシ?!
鈴木 忠著
岩波書店 1,300円(税別) ISBN4-00-007462-8 06.8刊

+内容+
1 クマムシってなに?
     クマムシってムシ?
     どんなムシか〈他〉
2 オニクマムシの生活史
     コケのすき間をのぞく
     クマムシを飼いたい!〈他〉
3 クマムシ伝説の歴史
     研究の幕開け
     死と復活〈他〉
4 クマムシはすごいのか?
     「樽」とその耐久性
     不死身なのか?〈他〉
付録 コケにすむ動物を見てみよう!

乾燥すると樽型に変身!真空、高温、高圧、放射線にも耐え、レンジでチンしても平気。120年間水なしでも生き続ける生物がいる―?それは体長1mm以下の微小な生物・クマムシ。不死身伝説の真偽、18世紀からの研究の歴史、試行錯誤で飼育する笑いと苦労の物語など、生物研究のオモシロさ満載。身近なクマムシの観察方法や、ファン必見の図版も多数掲載。
鈴木忠(すずき・あつし)
浜松医科大学で糖脂質に関する研究に従事。1991年より慶應義塾大学医学部生物学教室で昆虫の精子形成を研究し、1998年に金沢大学大学院自然科学研究科より学位取得。2000年、クマムシの世界にはまる。2005年より1年間、コペンハーゲン大学動物学博物館で海産クマムシの卵形成を研究。

+関連・リンク+
岩波書店

中学、高校と部活でプランクトンを扱ったりしていましたが、
クマムシは知らなかったなぁ。
なんだか、その存在にものすごく惹かれるんですけど。
ファンもかなりいるらしい!
ちなみに、版元の岩波書店のサイトで、読者アンケートに答えると
抽選でクマムシのぬいぐるみがもらえるそうです(『クマムシ?!』読者アンケート)。
ほ、欲しいかも!(笑)
読みたい度80%

|

« 『秘する肉体 大野一雄の世界』 | トップページ | 『しかけ絵本の基礎知識 プルタブ 基本と応用』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11459724

この記事へのトラックバック一覧です: 『クマムシ?! 小さな怪物』:

» 不死身超人『クマムシ男』? [サラリーマン、辞めたら人生輝いた!]
トラバ失礼しますm(_ _)m ■クマムシって知ってます?クマムシは宇宙でも核戦争の中でも生き延びるというゴキブリよりも強い生命力を... [続きを読む]

受信: 2006/09/01 14:29

« 『秘する肉体 大野一雄の世界』 | トップページ | 『しかけ絵本の基礎知識 プルタブ 基本と応用』 »