« 『知識ゼロからの「日本の家紋」入門』 | トップページ | 『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』 »

2006/08/30

『赤坂璃宮 譚彦彬 ベーシックな中国料理』

ソニー・マガジンズ 1,800円(税別) ISBN4-7897-2933-8 06.8刊

+内容+
炒める
焼く
揚げる
蒸す
煮る
元気になるスープ 春夏秋冬
ごはん
麺類
常備菜
点心
デザート
奥深い中国料理の世界へようこそ

譚彦彬(たん・ひこあき)
1943年横浜中華街生まれ。数々の中国料理店を経て1980年に京王プラザホテル「南園」副料理長となる。その後、ホテルエドモンド「廣州」の料理長を経て、「赤坂璃宮」のオーナー総料理長に就任。

+関連・リンク+
ソニー・マガジンズ
赤坂璃宮

中華鍋を手に入れてから、炒め物がことのほか上手くできるようになった気が。
火力を最大にして、さっと炒められるというのがポイントでしょうか。
また、最近になって蒸篭を使うようになったんですが、これがまたグッド。
あ、譚彦彬サンはテレビで拝見したくらい。赤坂璃宮にも行ったことはございません。
失礼致しました~。
読みたい度55%

|

« 『知識ゼロからの「日本の家紋」入門』 | トップページ | 『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11540756

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤坂璃宮 譚彦彬 ベーシックな中国料理』:

« 『知識ゼロからの「日本の家紋」入門』 | トップページ | 『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』 »