« 『媚薬の博物誌』 | トップページ | 『NASA The Complete Illustrated History』 »

2006/08/25

『ユーミン「愛」の地理学 松任谷由実「私」という至福の空間』

河出書房新社 1,500円(税別) ISBN4-309-01777-0 06.8刊

+内容+
微妙な関係を味わう―『天気雨』から『星空の誘惑』へ
実らない恋も楽しむ―『悲しいほどお天気』と『グループ』
2.5次元の空間―『海を見ていた午後』と『埠頭を渡る風』
恋の終わりを楽しむ―『中央フリーウェイ』と『翳りゆく部屋』
恋の芽生えと成長―『ベルベット・イースター』から『きっと言える』へ
夢をおいかける―『青春のリグレット』他
季節を楽しむ―『さざ波』と『十二月の雨』
地理を楽しむ(1)―『私のロンサム・タウン』と『DOWNTOWN BOY』
地理を楽しむ(2)―『ルージュの伝言』と『緑の町に舞い降りて』
リゾートへ行こう―『サーフ天国、スキー天国』と『シーズンオフの心には』
レクイエム―『ロッヂで待つクリスマス』と『瞳を閉じて』
自分を味わう―『やさしさに包まれたなら』と『ダンデライオン』
地平線を探す―『ナビゲイター』と『遠い旅路』

「あなた」を通して「私」を見つける。永遠のディーヴァ・ユーミンの「見立て」の魅力。いま、その歌詞の秘密を歌人がていねいに解き明かす。やっぱり、ユーミンが最高。
蔦きうい(つた・きうい)
歌人。塚本邦雄に惹かれて短歌を始める。塚本主宰の短歌結社「玲瓏」に所属。

+関連・リンク+
河出書房新社
YUMING SOUND LIBRARY

大学時代から松任谷由実にハマっていた時期がありました。
最近の曲は、ほとんど聴かなくなってしまったけれど…。
人気絶頂期をはるかに過ぎているのに、この状況で珍しいユーミン本。
歌人がユーミンを、というのがユニークだったり。
本で取り上げられている曲は、自分も好きな曲ばかりだなぁ。
どれも昔のものばかりですが(汗)
読みたい度70%

|

« 『媚薬の博物誌』 | トップページ | 『NASA The Complete Illustrated History』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11540674

この記事へのトラックバック一覧です: 『ユーミン「愛」の地理学 松任谷由実「私」という至福の空間』:

« 『媚薬の博物誌』 | トップページ | 『NASA The Complete Illustrated History』 »