« 『ケンタロウと秘密の料理道具箱』 | トップページ | 『京都美術の新・古・今』 »

2006/08/13

『面白龍文 そば猪口・のぞき・湯呑』

面白竜文
内藤 勝雄著
里文出版 2,500円(税別) ISBN4-89806-252-0 06.7刊

+内容+
龍文様の絵付け(描法・姿態)
アレンジされた龍文様の絵付け
陰陽の組み合わせ龍文様(関東と関西)
故事にかかわる龍文様の絵付け
龍文様の変わり器

内藤勝雄(ないとう・かつお)
早稲田大学、東京家政大学講師。公立博物館・美術館・資料館勤務を経て現在に至る。

+関連・リンク+
里文出版

今年の夏は仕事の外出先で蕎麦を食べる機会が多く、そば猪口に注目。
十草柄と蛸唐草模様のそば猪口を買い、家で使っています。
それまではお椀にそばつゆを入れて食べていましたが、
そば猪口で食べると、気分なのか、つゆの絡み具合が良いからか
とてもおいしく感じられます。
読みたい度65%

|

« 『ケンタロウと秘密の料理道具箱』 | トップページ | 『京都美術の新・古・今』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11368098

この記事へのトラックバック一覧です: 『面白龍文 そば猪口・のぞき・湯呑』:

« 『ケンタロウと秘密の料理道具箱』 | トップページ | 『京都美術の新・古・今』 »