« 『ポケット図解 インド共和国がよーくわかる本』 | トップページ | 『スタニスラーフスキイ・システムによる俳優教育』 »

2006/09/16

『シェイクスピアの驚異の成功物語』

シェイクスピアの驚異の成功物語
スティーヴン・グリーンブラット著
白水社 4,200円(税別) ISBN4-560-02748-X 06.9刊 +内容+ 原体験 夢よ、もう一度 大いなる恐怖 求愛、結婚、そして後悔 橋を渡って 郊外での生活 舞台を揺るがす者 男にして女 処刑台の笑い 死者との対話 三に魔法を 日常の勝利

原題『Will in the World:HOW SHAKESPEARE BECAME SHAKESPEARE』Stephen Greenblatt
偉大なる劇作家の人生と作品の関わりを想像力ゆたかに読み解いてゆく―。アメリカを代表する新歴史主義の領袖による、画期的な評伝。スティーヴン・グリーンブラット
1943年マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれ。イェール大学と英国ケンブリッジ大学に学ぶ。新歴史主義の領袖として批評界をリードするシェイクスピア学者。

+関連・リンク+
白水社
日本シェイクスピア協会
シェイクスピアの森

シェイクスピア作品は小田島雄志先生の全訳ほか、複数の訳で多くを読んでいますが、
関連書籍はほとんど読んでいなかったり。
シェイクスピア自身の生涯についても一通り調べたくらいです。
評伝という形で通読したことがないので、この本はかなり気になりますね。
読みたい度65%

|

« 『ポケット図解 インド共和国がよーくわかる本』 | トップページ | 『スタニスラーフスキイ・システムによる俳優教育』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11903849

この記事へのトラックバック一覧です: 『シェイクスピアの驚異の成功物語』:

« 『ポケット図解 インド共和国がよーくわかる本』 | トップページ | 『スタニスラーフスキイ・システムによる俳優教育』 »