« 『野田秀樹 赤鬼の挑戦』 | トップページ | 『勝手に関西世界遺産』 »

2006/09/21

『きのこの迷宮 こんなところにあった、別世界』

きのこの迷宮
小林 路子著
光文社 686円(税別) ISBN4-334-78440-2 06.9刊

+内容+
第1章 きのこってなんだ!
第2章 初めてのきのこ採り
第3章 都会派きのこハンターの孤独
第4章 山できのこを採るのには…
第5章 やっぱりきのこ採りは最高!
第6章 “正しい”きのこ料理
第7章 きのこ中毒のコワーイ話
第8章 きのこを飼う
第9章 きのこグッズはいかが

なにがなんでも、きのこが好き!きのこにはまって、いまや「仙人」の愛称で呼ばれる世界的きのこ画家となった著者の明かす、抱腹絶倒の不思議な「きのこワールド」。きのこ採りの悲喜こもごも、常軌を逸するきのこ友だちのエピソード、コワーイきのこ中毒、家できのこを飼う話から、究極のフルコース料理、きのこグッズまでを一冊に網羅。『なにがなんでも!きのこが好き』加筆・修正・改題書。
小林路子(こばやし・みちこ)
画家。1986年まで自由美術協会会員。1986年にエッセイ集『キノコの不思議』(光文社)で初めてきのこの挿絵を描いて以来、きのこにとり憑かれ、以降きのこを中心にした創作活動を続けている。これまでに描いたきのこの絵は約800点。

+関連・リンク+
光文社

昔、山歩きをしていたりしてユニークなきのこを眼にする度に
興味深く観察していたような記憶が。
今はもっぱら食べるのが専門です。(全然違う「きのこ」になってますね 笑)
いろいろな角度から見ても、すごく不思議なモノですね。
読みたい度65%

|

« 『野田秀樹 赤鬼の挑戦』 | トップページ | 『勝手に関西世界遺産』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/11969075

この記事へのトラックバック一覧です: 『きのこの迷宮 こんなところにあった、別世界』:

« 『野田秀樹 赤鬼の挑戦』 | トップページ | 『勝手に関西世界遺産』 »