« 『きのこの迷宮 こんなところにあった、別世界』 | トップページ | 『寺山修司の俳句入門』 »

2006/09/25

『勝手に関西世界遺産』

勝手に関西世界遺産
石毛 直道ほか著
朝日新聞社 1,500円(税別) ISBN4-02-250228-2 06.9刊

+内容+
勝手に関西世界遺産とは
ダイダラザウルス(エキスポランド)(宮田珠己)
値切り(島崎今日子)
大阪空港の着陸直前地点(桂小米朝)
旧大阪市立博物館(木下直之)
姫路モノレール(井上章一)
石切神社参道(宮田珠己)
ボケとツッコミ(島崎今日子)
広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像(桂小米朝)
井伊神社(木下直之)〈他〉

京都、奈良、そして熊野。関西は世界遺産の宝庫。しかし、関西の「お宝」はそれだけではない。「くいだおれ人形」「たこ焼」「ボケとツッコミ」……。ユネスコ本家からは登録されそうにない、関西という風土の日常から生まれた、ご近所の愛すべきお宝の数々を、人気の学者、落語家、作家らが独自の視点から熱~く推薦する。名所旧跡に飽きたら、この一冊を持ってディープな関西をめぐる旅へ出かけよう。

+関連・リンク+
朝日新聞社

ナルホドと思うものから、なんじゃそれ?というものまで。
おもろい本です。
読みたい度60%

|

« 『きのこの迷宮 こんなところにあった、別世界』 | トップページ | 『寺山修司の俳句入門』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/12033038

この記事へのトラックバック一覧です: 『勝手に関西世界遺産』:

« 『きのこの迷宮 こんなところにあった、別世界』 | トップページ | 『寺山修司の俳句入門』 »