« 『第62代横綱・大乃国の全国スイーツ巡業』 | トップページ | 『常識を再発明する!』 »

2006/10/14

『伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか』

ぱる出版 1,400円(税別) ISBN4-8272-0280-X 06.9刊

+内容+
第1章 復活した伊勢丹のブランド戦略
        ―見えてきた売上げ一兆円、そのプロセスと伊勢丹躍進の秘密
第2章 伊勢丹ドン底から復活までの軌跡
        ―バブル期の大失敗による創業以来の危機からいかにして立ち直ったか
第3章 ブランドとしての「伊勢丹DNA」
        ―創業一二〇周年の老舗に連綿と受け継がれる伊勢丹イズムの神髄
第4章 現場主義で培われた伊勢丹イズム
        ―優秀な人材がどんどん育ってくる伊勢丹のDNA
第5章 伊勢丹DNAの継承・小菅国安と小柴和正
        ―揺れ動く経営・伊勢丹の抱える危機感の原点とは何か
第6章 伊勢丹の拡大戦略が始まった!
        ―福岡・岩田屋、札幌・丸井今井、さらに中国や東南アジアへ

伊勢丹では「売り場」を「お買い場」と呼ぶ。「苦情や意見は神の声」をモットーに、「ファッションは生鮮品」と意識する。それはお客の立場に立った「お客様第一主義」を徹底しているからだ。だからこそトップブランドの地位を築き上げることができた。「伊勢丹イズム」が育む、そのMDとサービスの実態をレポート。
溝上幸伸(みぞうえ・ゆきのぶ)
経済誌等の記者を経て、現在フリージャーナリスト。流通業界をはじめ通信業界から金融業界、医薬品業界まで幅広いジャンルで活躍中。講演のほか週刊誌や月刊誌にも数多く執筆。

+関連・リンク+
ぱる出版
伊勢丹

新宿の伊勢丹メンズ館の大成功を見たりすると
やはり伊勢丹はスゴイと思います。
読みたい度55%

|

« 『第62代横綱・大乃国の全国スイーツ巡業』 | トップページ | 『常識を再発明する!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/12279727

この記事へのトラックバック一覧です: 『伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか』:

« 『第62代横綱・大乃国の全国スイーツ巡業』 | トップページ | 『常識を再発明する!』 »