« 『吉田式球体関節人形制作技法書』 | トップページ | 『世界でもっとも美しい10の科学実験』 »

2006/10/01

『クレヨン王国の十二か月』

講談社 514円(税別) ISBN4-06-275460-6 06.9刊

+内容+
家出をしたゴールデン王さまの行方を追って、大みそかの夜に始まる、ユカとシルバー王妃のふしぎな旅―。多くの子どもたちが夢ふくらませた、色鮮やかなファンタジー世界「クレヨン王国」。シリーズ五百万部を超えるベストセラーの原点の全容が、四十年以上を経て、いま初めて明らかに。

福永令三(ふくなが・れいぞう)
1956年、「赤い鴉」で第9回オール讀物新人杯受賞。1963年、「十二色のクレヨン」でモービル児童文学賞受賞。1964年、『クレヨン王国の十二か月』で第5回講談社児童文学新人賞受賞。1968年より1988年まで、自然に親しむ心を持った児童を育てる目的で学習塾を開く。「講談社 青い鳥文庫」の『クレヨン王国シリーズ』は、全47冊、500万部を超える。

+関連・リンク+
講談社
クレヨン王国総合案内所

子どもの頃に読んだ記憶が。
日本版不思議の国のアリスみたいな雰囲気で、とても楽しい物語でした。
それにしても、クレヨン王国シリーズがこんなに出ているとはビックリ!
しかもアニメにもなっている様子。知らないうちに大きく育っていたんですね~。
読みたい度60%

|

« 『吉田式球体関節人形制作技法書』 | トップページ | 『世界でもっとも美しい10の科学実験』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/12099178

この記事へのトラックバック一覧です: 『クレヨン王国の十二か月』:

« 『吉田式球体関節人形制作技法書』 | トップページ | 『世界でもっとも美しい10の科学実験』 »