« 『伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか』 | トップページ | 『オレステス』 »

2006/10/15

『常識を再発明する!』

ダイヤモンド社 1,429円(税別) ISBN4-478-32125-6 06.9刊

+内容+
第1章 フィロソフィー―普遍的に社会貢献ができる会社をつくる
       普遍的に社会貢献ができる会社
       根拠のない自信〈他〉
第2章 ミッション―人間の能力を活かしたインターフェイスを開発する
       常識の再発明
       ヤッパのミッション
第3章 テクノロジー―OSやハードに依存しない独自のウェブ3D技術
       ウェブ3Dとは何か
       ウェブ3Dをビジネス化する〈他〉
第4章 物づくり―いかにアナログと技術を融合させるか
       デジタルとアナログの融合
       デジタルによる生産管理
第5章 常識を再発明する―人間の生活を豊かにするアナログ発想
       アナログ生活を豊かにするデジタル技術
       ヤッパの夢と提案〈他〉

17歳でヤッパを設立。いまやその3D技術を核に、コミュニケーション・テクノロジーの常識を再発明する若き天才経営者が夢とミッションをはじめて語る。
伊藤正裕(いとう・まさひろ)
2000年、高校2年生の時に17歳でヤッパを設立。翌年、イスラエルの3Di社と提携し、ウェブ3D技術によるウェブ・コンテンツ制作事業を始め、軌道に乗せる。2002年に3Di社の株式を取得、完全子会社化。いまやその3D技術を核に、電子新聞やデジタル機器への組み込み型3Dの開発にも乗り出している。欧米にも支社を開設し、世界の3D市場を狙う。

+関連・リンク+
ダイヤモンド社
YAPPA

若き起業家、ヤッパの伊藤正裕社長。
かな~り前にNHKの番組『Weekend Japanology』に
ゲストで出演しているのを見ました。
若いIT系企業の社長というと、不遜な態度だったり、
変にギラギラしているようなイメージだったりするけれど
伊藤さんは人の良さそうな、それでいてしっかりとしている印象。
興味深い人物です。
読みたい度50%

|

« 『伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか』 | トップページ | 『オレステス』 »

コメント

常識の再発明というのか、今まで当たり前のように見ていたものを3D化して新しい発見へと導くという考えがまったくすごいと思う。
多分一番新しい試みなんだと思うが、日興コーディアルでサービスを開始した「イージー3D証券ビューワー」のなかの「イージー3D日経平均」や「イージー3Dテクニカルチャート」は興味深い。
これまで単に「日経平均」という指数でしかとらえていなかったものを立体的に表現したり、ローソク足チャートを視点を変えてその動きやパフォーマンスを見ていける新しい世界を切り開いている。
おそらく、このチャート分析などは、未知の分析の可能性があり、今後多くのテクニカルアナリストによって進化していくものであろう。
3Dの応用範囲の広がりに期待する。

投稿: Pic | 2007/01/24 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/12279770

この記事へのトラックバック一覧です: 『常識を再発明する!』:

« 『伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか』 | トップページ | 『オレステス』 »