« 『カラスはなぜ東京が好きなのか』 | トップページ | 『非対称の起源 偶然か、必然か』 »

2006/11/16

『7日間で完全マスター 絵が描ける脳をつくる』

河出書房新社 1,400円(税別) ISBN4-309-26925-7 06.10刊

+内容+
1日目 ウオーミングアップ
2日目 画家の眼になる
3日目 3Dの眼になる
4日目 光と影を見つめる
5日目 色彩の影と光
6日目 遠近感を表す
7日目 空間と色彩の統合

本書は、初めて絵を描こうとする人に向けて、猫くための基本のテクニック、目の使い方、意識の働かせ方などを7日間で学べるように構成したワークブックです。
吉田エリ(よしだ・えり)
アトリエ・ワイエス主宰。表現アートセラピスト/イラストレーター。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。絵本作家、雑誌や書籍のイラストレーターとして活動する傍ら、国内外のアートプロジェクトのセミナーやワークショップに参加。パーソンセンタード・エクスプレッシブ・アートセラピー研究所にて表現アートを学ぶ。B・エドワーズ博士の「脳の右側で描け」のワークショップの経験を基に独自のドローイング・メソッドの研究を経てファースト・ドローイングのトレーニング法を開発・実践する。ドローイングのワークショップの他、自由なアート表現を追求する「表現アートセラピー」のファシリテーターとしてオリジナルのワークショップを開催する。既存の芸術教育にはとらわれないアプローチを実践し、従来のアートセラピーの枠からも離れたアート表現の可能性を追求している。1995年講談社絵本新人賞入選。

+関連・リンク+
河出書房新社

徹底的にテキスト人間なので、ヴィジュアル表現のできる人がうらやましい。
ホントに自分も絵が描けるようになったりするんだろうか~?
読みたい度65%

|

« 『カラスはなぜ東京が好きなのか』 | トップページ | 『非対称の起源 偶然か、必然か』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/12691331

この記事へのトラックバック一覧です: 『7日間で完全マスター 絵が描ける脳をつくる』:

« 『カラスはなぜ東京が好きなのか』 | トップページ | 『非対称の起源 偶然か、必然か』 »