« 『珈琲事典 この1冊ですべてがわかる』 | トップページ | 『ロンドンゆきの飛行機の中で読む本』 »

2006/11/05

『物語 ジョサイア・コンドル 丸の内赤レンガ街をつくった男』

中央公論新社 1,700円(税別) ISBN4-12-003775-4 06.10刊

+内容+
プロローグ モダン・トラベラーと赤レンガ
第1章 本物を探せ
第2章 「コンドル先生」の来日
第3章 西洋建築は日本に合うのか
第4章 美しい日本とコンドルの苦悩
第5章 夢の皇居造営計画
第6章 甦るコンドル
第7章 丸の内ビジネスタウンの建築
第8章 赤レンガ街の歴史はじまる
エピローグ

モダンなオフィスタウンはいかにして出来たのか。明治日本に西洋建造物を。イギリスから来た建築家の苦悩と努力の生涯を綴る。

+関連・リンク+
中央公論新社

鹿鳴館を手掛けたことで有名な建築家。
今残っていれば面白いのに…とか思ったりします。
で、この度初めて知ったんですが、ニコライ堂もコンドルの作品なんですね!
仕事で外に出た時によく目にしているのに、全然分かりませんでした。
あ、そのうち旧岩崎邸を見に行かないと~。
日本でコンドルが手掛けた建築作品は有名ですが、
その人となりについてはほとんど知る機会が無く…
明治の建築の面白さ、一度あれこれと見て回りたいものです。
読みたい度70%

|

« 『珈琲事典 この1冊ですべてがわかる』 | トップページ | 『ロンドンゆきの飛行機の中で読む本』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/12538054

この記事へのトラックバック一覧です: 『物語 ジョサイア・コンドル 丸の内赤レンガ街をつくった男』:

« 『珈琲事典 この1冊ですべてがわかる』 | トップページ | 『ロンドンゆきの飛行機の中で読む本』 »