« 『ロンドンゆきの飛行機の中で読む本』 | トップページ | 『官能小説用語表現辞典』 »

2006/11/07

『イギリスでお茶を』

イギリスでお茶を
小関 由美著
主婦の友社 1,500円(税別) ISBN4-07-250576-5 06.11刊

+内容+
1 The Cotswolds
     伝統あるホテルでのんびり、カリスマシェフに料理を習う
     イギリス一美しい村のホテルにて〈他〉
2 Devon&Cornwall
     酪農のふるさと、クロテッドクリームとティーハウスを訪ねて
     10頭のジャージー牛から濃厚なミルクが〈他〉
3 Hereford
     食の宝庫、カントリーサイドでイギリス家庭料理とスコーンを堪能
     イギリス一おいしい!メアリーのスコーン〈他〉
4 London
     有名ホテルのアフタヌーンティーと新しいタイプのティーハウスへ
     アフタヌーンティーが流行中!?〈他〉

「イングランド―ティーハウスをめぐる旅」の著者が、ふたたびイギリスのティーハウスを楽しむ旅に出た! すばらしい風景に囲まれたコッツウォルズのティーハウスや、のんびりとしたデヴォン&コーンウォールのクリーム農場、ロンドンの老舗ホテルのアフタヌーンティー。はてはイギリス初の茶園や実力急上昇のワイナリー、本当においしい家庭料理まで、著者が目にし、味わったイギリスの魅力を存分に伝えるエッセイです。クロテッドクリームの製法やスコーンのレシピ、ホテルのアフタヌーンティーなど、決して変わることのない伝統的なイギリスに加え、カリスマシェフやワイナリー、新しいティールームのブームなど、変わりゆくイギリスの”いま”をヴィヴィッドに紹介しています。もちろん、ふんだんな写真入りですから、のんびりと空想の旅に出るのにもぴったりです。

+関連・リンク+
主婦の友社
UK NOW

ハイ、またもやイギリス本でございます。
スコーンとクロテッドクリーム好きなんですよね~。
とか言いながら、イギリスをのんびり旅するなんてことは夢のまた夢。
せめて本を読んで、雰囲気だけでも。か、悲しすぎる…
読みたい度50%

|

« 『ロンドンゆきの飛行機の中で読む本』 | トップページ | 『官能小説用語表現辞典』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/12538644

この記事へのトラックバック一覧です: 『イギリスでお茶を』:

« 『ロンドンゆきの飛行機の中で読む本』 | トップページ | 『官能小説用語表現辞典』 »