« 『押忍!手芸部 日本一男前な手芸本』 | トップページ | 『御朱印でめぐる鎌倉の古寺』 »

2006/12/31

『理想の出版を求めて 一編集者の回想1963-2003』

大塚信一 著
トランスビュー 2,800円(税別) ISBN4-901510-42-8 06.11刊

+内容+
第一章 小僧の修業
第二章 哲学者たち
第三章 新書編集とフランクフルト国際書籍市
第四章 知的冒険の海へ
第五章 不可能への挑戦―『へるめす』の輪1
第六章 知的冒険の旅を楽しむ
第七章 編集長としての後半戦―『へるめす』の輪2
第八章 転換期の企画―終盤の仕事
おわりに―垣間見た“ユートピア”

+関連・リンク+
トランスビュー

ちょっと注目している出版社・トランスビュー。
主に社会科学系の本を出していて、取次ぎを通さない独自のシステムもユニークです。
過去に『編集とはどのような仕事なのか』を読みましたが、
編集の中身について結構具体的に業界のことを書いていて面白い内容でした。
読みたい度85%

|

« 『押忍!手芸部 日本一男前な手芸本』 | トップページ | 『御朱印でめぐる鎌倉の古寺』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/13278363

この記事へのトラックバック一覧です: 『理想の出版を求めて 一編集者の回想1963-2003』:

« 『押忍!手芸部 日本一男前な手芸本』 | トップページ | 『御朱印でめぐる鎌倉の古寺』 »