« 『スノーフレーク』 | トップページ | 『萬來舎 谷口吉郎とイサム・ノグチの協奏詩』 »

2007/01/03

『岩茶のちから 中国茶はゴマンとあるが、なぜ岩茶か?』

左能 典代著
文藝春秋 476円(税別) ISBN4-16-771309-8 06.11刊

+内容+
第1章 自然のちから、人間のちから
第2章 岩茶のちから

『岩茶 究極のウーロン茶「大紅袍」の世界』改稿・改題書。

+関連・リンク+
文藝春秋

中国茶に嵌っています。
超高級なウーロン茶の作り方など、神秘的な部分もあったりするようです。
もっと色々味わって、違いの分かる男になれればよいなと思ったりして…。
読みたい度65%

|

« 『スノーフレーク』 | トップページ | 『萬來舎 谷口吉郎とイサム・ノグチの協奏詩』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/13278416

この記事へのトラックバック一覧です: 『岩茶のちから 中国茶はゴマンとあるが、なぜ岩茶か?』:

» 岩茶のちから―中国茶はゴマンとあるが、なぜ岩茶か? [忍者大好きいななさむ書房]
岩茶のちから―中国茶はゴマンとあるが、なぜ岩茶か? [続きを読む]

受信: 2009/08/17 12:48

« 『スノーフレーク』 | トップページ | 『萬來舎 谷口吉郎とイサム・ノグチの協奏詩』 »