« 『ローマ人の物語(15)ローマ世界の終焉』 | トップページ | 『ウィリアム王子 未来の英国王』 »

2007/01/11

『アガサ・クリスティーの晩餐会 ミステリの女王が愛した料理』

アンヌ・マルティネッティほか著
早川書房 3,500円(税別) ISBN4-15-208781-1 06.12刊

+内容+
犯罪のダブル・クリーム
トーキイのブレックファースト
グリーンウェイのご馳走
エルキュール・ポアロのスイーツ
ミス・マープルのティー・タイム
アガサ・クリスティーの世界一周

原題『CR`EMES & CH^ATIMENTS』Anne Martinetti,Francois Rivi`ere,Philippe Asset

+関連・リンク+
早川書房
アガサ・クリスティ・ファンクラブ
Delicious Death

久々のクリスティ関連本です!
ポアロの超甘党の好みはちょっと勘弁ですが…
よくイギリスの料理はまずいと言われるものの、
クリスティーの小説を読むと、気になる料理が描かれてます。
過去、イギリスに行った時に食べたキドニー・パイ、なかなか美味でした。
ちなみにこの本には、クリスティ・ファンは忘れてならない
“デリシャス・デス(甘美なる死)”も登場してます!
読みたい度65%

|

« 『ローマ人の物語(15)ローマ世界の終焉』 | トップページ | 『ウィリアム王子 未来の英国王』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/13361764

この記事へのトラックバック一覧です: 『アガサ・クリスティーの晩餐会 ミステリの女王が愛した料理』:

« 『ローマ人の物語(15)ローマ世界の終焉』 | トップページ | 『ウィリアム王子 未来の英国王』 »