« 『胡桃の中の世界』 | トップページ | 『海老蔵そして團十郎』 »

2007/03/20

『ラブシーンの掟』

石川 三千花著
文藝春秋 667円(税別) ISBN978-4-16-758206-7 07.1刊

+内容+
『男と女』―すべてを語る女の顔
『ベティ・ブルーインテグラル』―狂気の前の激しいアムール
『カーマ・スートラ愛の教科書』―性愛の奥義をインドもので
『ハモンハモン』―笑える情熱、スペインの恋愛事情
『ぼくの美しい人だから』―セックスから始まる愛
『ワイルド・アット・ハート』―ワイルド&スウィートな純愛
『硝子の塔』―ここまで見せます、ウィリアム
『マイ・ビューティフル・ランドレット』―この自然さに納得のゲイ・カップル
『チューズ・ミー』―キスをさせたら世界一の男
LOVE SCENE SPECIAL 20世紀ベスト&ワーストドレッサー〈他〉

+関連・リンク+
文藝春秋

昨年末からずっと仕事が忙しくて映画を観に行く機会が無い!
見逃してしまった映画は数知れず(という程でもないか…)
でも、自分にはレンタルの習慣が無いので、
結局観ずじまいということになるんですよね…
悲しい。
読みたい度50%

|

« 『胡桃の中の世界』 | トップページ | 『海老蔵そして團十郎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14297757

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラブシーンの掟』:

« 『胡桃の中の世界』 | トップページ | 『海老蔵そして團十郎』 »