« 『ラブシーンの掟』 | トップページ | 『タイアップの歌謡史』 »

2007/03/21

『海老蔵そして團十郎』

関 容子著
文藝春秋 581円(税別) ISBN978-4-16-745704-4 07.1刊

+内容+
第1話 花の海老さま
第2話 助六と宮本武蔵
第3話 役者の家の女たち
第4話 筋を通す
第5話 艶聞
第6話 世紀の大襲名
第7話 星を見る人

+関連・リンク+
文藝春秋
成田屋

過去に関容子氏の著書『芸づくし忠臣蔵』を読みました。
昔の役者についてのエピソードは、馴染みの無い人もいたりして
ちょっと難しい内容もありましたが、
丁度歌舞伎座で上演される忠臣蔵の通しを観に行く前だったので
とても参考になったのを覚えています。
見所はもちろん、見逃してしまいそうなちょっとしたポイントまで
解説調にならずに興味深く読ませます。
本当に全身全霊を掛けて歌舞伎を愛しているんだなぁと思わせる文章。
あ…で、この本。
すみません、自分は成田屋ってそれほど好きではないんです(汗)
でも、読んでみたいかも。
読みたい度55%

|

« 『ラブシーンの掟』 | トップページ | 『タイアップの歌謡史』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14297768

この記事へのトラックバック一覧です: 『海老蔵そして團十郎』:

« 『ラブシーンの掟』 | トップページ | 『タイアップの歌謡史』 »