« 『大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか カンニング竹山と考える』 | トップページ | 『オリエント急行の時代 ヨーロッパの夢の軌跡』 »

2007/04/19

『ラカンで読む寺山修司の世界』

野島 直子著
トランスビュー 3,800円(税別) ISBN978-4-901510-47-9 07.3刊

+内容+
第1部 初期作品の精神分析的考察
       十代における句作りの精神分析的考察
       デビュー作の模倣問題と鏡像段階
第2部 創作活動の指針としての精神分析
       「反復」1―短歌形式と神経症
       「反復」2―演劇活動と倒錯
       「反復」3―俳句形式と精神病
第3部 思想としての精神分析
       映画装置論―『蝶服記』をめぐって
       演劇論―A・アルトーの演劇理念の継承をめぐって
寺山修司の創作活動とラカン理論

+関連・リンク+
トランスビュー
三沢市寺山修司記念館
鉛筆のドラキュラ

寺山修司とジャック・ラカンをぶつけた意外性…
これまで抱いてきた寺山像が、また違った感じで捉えられるのでしょうか~。
読みたい度65%

|

« 『大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか カンニング竹山と考える』 | トップページ | 『オリエント急行の時代 ヨーロッパの夢の軌跡』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14757503

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラカンで読む寺山修司の世界』:

« 『大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか カンニング竹山と考える』 | トップページ | 『オリエント急行の時代 ヨーロッパの夢の軌跡』 »