« 『近代名建築で食事でも』 | トップページ | 『歌舞伎百年百話』 »

2007/04/23

『ぼくの血となり肉となった五〇〇冊そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊』

立花 隆著
文藝春秋 1,800円(税別) ISBN978-4-16-368680-6 07.1刊

+内容+
ぼくの血となり肉となった五〇〇冊そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊
私の読書日記―2001・3~2006・11

+関連・リンク+
文藝春秋

ユニークなジャーナリスト、立花隆氏が
どんな本を読んでいるのか気になるところ…
他所の家に行ったときに、本棚を見ると
その人の頭の中を覗いたみたいで面白かったりして。
そんな感じのゴージャス版ともいえるのかな。
読みたい度60%

|

« 『近代名建築で食事でも』 | トップページ | 『歌舞伎百年百話』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14790970

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくの血となり肉となった五〇〇冊そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊』:

« 『近代名建築で食事でも』 | トップページ | 『歌舞伎百年百話』 »