« 『渡る世間は鬼ばかり公式完全ガイド 岡倉さん家の人生いろいろ』 | トップページ | 『日本の色 由来と逸話がわかる』 »

2007/04/08

『食べる西洋美術史 「最後の晩餐」から読む』

宮下 規久朗著
光文社 880円(税別) ISBN978-4-334-03387-3 07.1刊

+内容+
第1章 “最後の晩餐”と西洋美術
第2章 よい食事と悪い食事
第3章 台所と市場の罠
第4章 静物画―食材への誘惑
第5章 近代美術と飲食
第6章 最後の晩餐

+関連・リンク+
光文社

食とアートをテーマに取り上げている本、
ありそうでなさそうな感じでしょうか。
普段はあまり関心の無い古い西洋美術なのですが、
これはちょっと読んでみたいなと思いました。
読みたい度45%

|

« 『渡る世間は鬼ばかり公式完全ガイド 岡倉さん家の人生いろいろ』 | トップページ | 『日本の色 由来と逸話がわかる』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14613608

この記事へのトラックバック一覧です: 『食べる西洋美術史 「最後の晩餐」から読む』:

» 食べる西洋美術史 「最後の晩餐」から読む [ロドリゲスインテリーン]
食べる西洋美術史 「最後の晩餐」から読む [続きを読む]

受信: 2009/11/30 09:18

« 『渡る世間は鬼ばかり公式完全ガイド 岡倉さん家の人生いろいろ』 | トップページ | 『日本の色 由来と逸話がわかる』 »