« 『悪人』 | トップページ | 『ラカンで読む寺山修司の世界』 »

2007/04/18

『大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか カンニング竹山と考える』

竹山 隆範著
扶桑社 680円(税別) ISBN978-4-594-05247-8 07.3刊

+内容+
序章 振り込め詐欺被害対策のヒントは大阪にあり
第1章 対談(1)舟井栄子―詐欺師を蹴散らす“オカンパワー”の秘密
第2章 対談(2)大谷晃一―大阪文化そのものが詐欺のセーフティネットだ
第3章 対談(3)北野誠―“笑いの土壌”から考える大阪人の強さと弱点
第4章 加害者少年たちの言い分
第5章 ルポ 個人情報の流出元を追う
第6章 対談(4)小島幸保―たった1本の電話で被害は未然に防げる
第7章 あとがき

+関連・リンク+
扶桑社
カンニング竹山

「大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか」というのも興味深いけれど、
それをカンニング竹山が追及するというのが、なんだか画期的だ!(笑)
読みたい度65%

|

« 『悪人』 | トップページ | 『ラカンで読む寺山修司の世界』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14757396

この記事へのトラックバック一覧です: 『大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか カンニング竹山と考える』:

« 『悪人』 | トップページ | 『ラカンで読む寺山修司の世界』 »