« 『書の風景 書と人と中国と』 | トップページ | 『大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか カンニング竹山と考える』 »

2007/04/17

『悪人』

吉田 修一著
朝日新聞社 1,800円(税別) ISBN978-4-02-250272-8 07.4刊

+関連・リンク+
朝日新聞社

吉田修一、結構コアなファンが多いようですね…。
実は自分、現代の作家作品はあまり読まないのですが、
吉田修一は気になる作家の一人です。
この作品、新聞連載されていた時の挿絵が束芋で、
ちょこっと注目していたのですが、途中から読み始めてハマりました。
読んだのが後半以降からだったので、内容的にはよく分からなかったのですが、
方言などうまく使って、興味深いストーリーでした。
読みたい度70%

|

« 『書の風景 書と人と中国と』 | トップページ | 『大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか カンニング竹山と考える』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14716723

この記事へのトラックバック一覧です: 『悪人』:

« 『書の風景 書と人と中国と』 | トップページ | 『大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか カンニング竹山と考える』 »