« 『スタンダールの生涯』 | トップページ | 『ネパール王制解体 国王と民衆の確執が生んだマオイスト』 »

2007/05/16

『現代語訳 好色五人女』

井原 西鶴著 / 吉行 淳之介 / 丹羽 文雄訳
河出書房新社 830円(税別) ISBN978-4-309-40840-8 07.3刊

+内容+
恋しい男会いたさに放火した「八百屋お七物語」や身分違いゆえの駆け落ち「お夏清十郎物語」など、命賭けで恋に殉じた女達を描く『好色五人女』。老婆から艶めかしく多彩な男性遍歴が語られる『好色一代女』。絶筆にして最高傑作『西鶴置土産』の三篇を収録。元禄の粋が吉行と丹羽の名文で甦る最も贅沢な現代語訳西鶴集。

+関連・リンク+
河出書房新社

近世の文学、もう少し色々読めたらいいのにと思うのですが。
現代語訳ってあまり無いんですよね~。
読みたい度75%

|

« 『スタンダールの生涯』 | トップページ | 『ネパール王制解体 国王と民衆の確執が生んだマオイスト』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14791904

この記事へのトラックバック一覧です: 『現代語訳 好色五人女』:

« 『スタンダールの生涯』 | トップページ | 『ネパール王制解体 国王と民衆の確執が生んだマオイスト』 »